オススメのカナヘビのケージ【選び方のポイントを3つの視点で解説】

このサイトはアフィリエイトを利用しています
  • カナヘビのケージの大きさってどれくらいがいいの?
  • 初めてカナヘビを飼育するんだけど、どんなケージがいいの?
  • カナヘビ飼育のケージの注意点って?
  • カナヘビを多頭飼育する時のケージって?
くま村長
くま村長

私、くま村長。
主に野外採集の日本産の爬虫・両生類の飼育者です。

当ブログは、私の実際の飼育経験に基づいて爬虫・両生類の飼育についてまとめています。

爬虫・両生類の飼育をする場合、まず初めに考えるのは飼育ケージです。

くま村長
くま村長

この記事はそんなカナヘビ飼育のケージについて、様々な角度から解説していきます。
カナヘビ飼育の初期設定を楽にする試みです。

この記事では、以下の2点を取り上げます。

  • ケージ選びの3つの注意点
    →『高さ』『脱走対策』『扱いやすさ』
  • オススメのケージを大きさで解説
    →『単独〜ペア飼育の場合』『複数飼育の場合』

この記事を読むと、カナヘビのケージ選びの参考になり、飼育環境に合ったケージを選ぶことができます。

オススメのカナヘビのケージ【選び方のポイント3つ】

カナヘビの飼育ケージを選ぶ時、注意するポイントは以下の通りです。

  • カナヘビは立体行動をするので、高さが必要
  • 立体行動の得意なカナヘビは、脱走する恐れがある
  • カナヘビはフンで、飼育環境を汚しやすい
くま村長
くま村長

まずはこの3つのポイントをまとめていきながら、話を進めていきます。

飼育ケージには高さが必要

バラ
バラ

僕たちは樹上性ってわけじゃないけど、木登りが得意なんだよね。

樹上性とは、生活空間を木などの上で行う生物のこと。
繁殖や排泄、捕食などで地上に降りることもあるが、多くを樹上で生活する。

くま村長
くま村長

立体的な動きをさせることで、飼育環境を広く使うことができ運動不足の解消にもなります。

バラ
バラ

だから、ある程度高さのあるケージで飼育してくれると嬉しいな。

具体的には、ケージの横の長さの半分くらいの高さは確保するようにしましょうい。

ベル
ベル

50センチの横幅なら、25センチ以上ってことね。

脱走に注意【結構すぐ逃げます】

くま村長
くま村長

先ほども言った通り、カナヘビは立体行動が得意です。
そして小さな隙間ですぐに逃げ出します

バラ
バラ

まあまあ跳躍力もあるしね。

飼育初心者
飼育初心者

つまり、脱走されないように蓋が必要ってことですね。

▼蓋にぶら下がるカナヘビ▼

飼育初心者
飼育初心者

結構、アクティブですね。

くま村長
くま村長

プラケースには蓋が付いてますが、水槽にはありません。
水槽でカナヘビを飼うなら、ハープネットを利用しましょう。

▼45センチサイズの水槽に合うハープネットはコチラ▼

▼60センチサイズの水槽に合うハープネットはコチラ▼

カナヘビは飼育環境をすぐに汚します。

ベル
ベル

私たちは色んなところに糞尿を散らかすのよ。
まとめてするというより、こまめにするって感じね。

くま村長
くま村長

糞尿はその都度取り除きますが、それでも間に合わないこともあります。
なので、飼育ケージは丸洗いしやすいものがいいですね。

飼育初心者
飼育初心者

持ち運びがしやすいも重要かも!

くま村長
くま村長

これらの注意点を踏まえて、オススメの飼育ケージを紹介していきます。

オススメのカナヘビのケージ【大きさ】

飼育初心者
飼育初心者

で、オススメのケージってどんなものなんですか?

くま村長
くま村長

それは飼育頭数によって変わります。

身体の大きさに違いがなければ、カナヘビは多頭飼育ができます

バラ
バラ

大人と生まれたての子供を一緒にすると、共喰いの危険があるよ。

くま村長
くま村長

なので、飼育する頭数別にオススメのケージをご紹介していきます。

オススメのケージ【単独・ペアでの飼育】

単独やワンペアでの飼育なら、プラケースがオススメです。

くま村長
くま村長

プラケースは安価・軽量で使いやすく、脱走できない蓋が付いているのが利点です。

飼育初心者
飼育初心者

大きさも豊富ですもんね。

くま村長
くま村長

ある程度の広さと高さが必要なので、下のプラケースがオススメです。

▼プラケースでの飼育環境の一例▼

プラケースには、ジャストサイズの頑丈な蓋がセットになっています。
ただ、その蓋(特に中蓋)のしめ忘れには注意が必要です。

くま村長
くま村長

この注意点を押さえれば、屋内・屋外の両方での飼育に一番使いやすいケージといえます。

【オススメのケージ雨】複数ペアでの飼育

複数ペアでの多数飼育の場合は、より大きなケージが必要になります。

くま村長
くま村長

ケージは水槽がいいですね。
60センチ水槽なら3ペアくらい飼育できます。

▼60センチ水槽ならコスパのいいコチラがオススメ▼

水槽はガラスなので、透明度が高く鑑賞性が高いのが特徴です。

くま村長
くま村長

プラケースはプラスチックなので、長く使っていると透明度が下がっていきます。

飼育初心者
飼育初心者

やっぱり観察しやすいのは重要ですよね!

▼60センチ水槽での飼育環境の一例▼

前述した通り水槽飼育には、それに合った蓋が必要不可欠です。

くま村長
くま村長

脱走防止のためにも、必ず蓋をするようにしてい下さい。
脱走後のカナヘビの未来は明るくありません。

爬虫類専用ケージ【みんなの憧れ】

広く爬虫類飼育が認知されている昨今、爬虫類専用のケージも多く流通しています。

くま村長
くま村長

蓋の完備、ライトなどの飼育用品を取り付ける設備もあり、爬虫類飼育に関しての全てを網羅できる万能のケージです。

飼育初心者
飼育初心者

かっこいいんですよね。
いつかは欲しいと思っているんだけど…

▼オススメの爬虫類ケージはコチラ▼

まとめと関連

☆この記事で話したこと☆

  • カナヘビのケージは高さが必要で、脱走防止の蓋は必須
  • カナヘビは飼育環境をすぐに汚すので、扱いやすいものを選ぶ
  • 飼育する頭数によって、ケージの大きさを変える

▼この記事で紹介したオススメのケージはコチラ▼

▼脱走防止の為の、水槽用の蓋はコチラ▼

▼くま村長のYouTubeコンテンツはコチラ

くま村長の開拓日記YouTube
プロフィール
この記事を書いた人
くま村長

こんにちは、くま村長です。
爬虫類・両生類の採集、飼育をしています。
当ブログは主に日本国内の自然採集の爬虫類・両生類の飼育や採集における記事を発信しています。

実際に飼育している独自の観点で解説しています。

くま村長をフォローする
カナヘビ
くま村長をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました