ヒキガエルってどこにいる?【採集の場所と時期の2点】

このサイトはアフィリエイトを利用しています
  • ヒキガエルを採集したいけど、どこを探せばいいのか?
  • ヒキガエルってどんな時に採集に行けばいいの?
くま村長
くま村長

私、くま村長。
主に野外採集の日本産の爬虫・両生類の飼育者です。

当ブログは、私の実際の飼育経験に基づいて爬虫・両生類の飼育についてまとめています。

飼育初心者
飼育初心者

ヒキガエルが飼いたい…

くま村長
くま村長

そう思ったら、採集に行きましょう。

ヒキガエルはごく身近にいて、その気になればすぐに採集できます。

飼育初心者
飼育初心者

でも、どんなところを探せばいいのかな…?

くま村長
くま村長

この疑問に答えるべく、この記事では『私のこれまでの経験』による、ヒキガエルの採集のポイントをまとめました。

以下のことを中心に、解説していきます。

  • ヒキガエルのいる場所
    →『住宅街周辺』『田んぼ周辺』『産卵スポット』
  • ヒキガエルを見つける時期
    →『夜』『雨の日』
くま村長
くま村長

ヒキガエル探しは闇雲に行うより、ポイントを押さえた方が発見率が上がります

読み進めてみて下さい。

ヒキガエルってどこにいる?【場所】

ヒキガエルってどこにいる?【場所】
くま村長
くま村長

まずはヒキガエルがいる、主なポイントです。

  • 住宅街を探す〜案外普通にヒキガエルはいます〜
  • 田んぼの周りを探す
  • ヒキガエルの産卵スポットを探す

それぞれを考えていきます。

住宅街を探す〜案外ヒキガエルは普通にいます〜

くま村長
くま村長

私たちが暮らす住宅の周辺でも、ヒキガエルは見つかります。

ねぶた
ねぶた

民家の周りには小さな昆虫がいっぱい、俺たちが生活するにはもってこいの場所なんだぜ。

くま村長
くま村長

見つけるとものすごくびっくりしますが、普通に道路わきにたたずんでたりします。

ヒキガエルは存在感があり、さらに『逃げる』能力は非常に乏しいです。

くま村長
くま村長

つまり、見つけることができたら確実に捕えれるんですよね。

アスファルトの上のヒキガエル

住宅周辺の道路で見つけたヒキガエルのオスの個体。
かなり大きな個体です。

田んぼの周辺を探す

くま村長
くま村長

田んぼ周辺は色んな生き物達の活動拠点です。

祇園
祇園

当然、私たちもいるわ。

田んぼにはヒキガエルの餌となる生物もたくさんいれば、ヒキガエルの天敵もいます。

ヒキガエルの捕食者『ヤマカガシ』
だんじり
だんじり

ヒェ〜…

くま村長
くま村長

上の写真はヤマカガシ。
ヒキガエルの毒をもろともしない(取り込み自身の毒にする)、ヒキガエルの捕食者です。
田んぼ周辺でよく見かけます。

飼育初心者
飼育初心者

捕食者がいるってことは、ヒキガエルもいるってことですね。

自然界の食物連鎖を感じながら、 ヒキガエルを探すのも一興でしょう。

田んぼの側道にいたヒキガエル

田んぼの側道にいたヒキガエルのメスの個体。

ヒキガエルの産卵スポットを探す

よさこい
よさこい

私たちは、自分が産まれた場所に戻って繁殖行動をする習性があるの。

くま村長
くま村長

なので、産卵時期に産卵スポットを探すと容易にヒキガエルを見つけることができます。

だんじり
だんじり

でも僕達の産卵期間は1週間ほどで、すぐにいなくなっちゃうよ。

飼育初心者
飼育初心者

それでも産卵場所には卵があり、そしてオタマジャクシがいるんですよね。

くま村長
くま村長

6月くらいになると、その周辺で小さなヒキガエルを見つけることもできるでしょう。

とにかく、ヒキガエルの産卵場所がわかれば、どこを探すべきかもわかるということです。

繁殖行動を取るヒキガエルのペア。
繁殖中に採集をするのは、避けたほうがいいでしょう。

▼ヒキガエルの産卵場所を知りたいならコチラをチェック▼

ヒキガエルを採集するタイミング【時期】

ヒキガエルを採集するタイミング
飼育初心者
飼育初心者

探す場所は分かりました。
次にどんな時に探せばいいんですか?

くま村長
くま村長

ヒキガエル探しのタイミングは『夜』と『雨の日』です。

ヒキガエルは夜に探す

まずひとつ目は夜です。

ねぶた
ねぶた

俺たちは夜行性で、薄暗くなる夕方から出てきて活動するんだぜ。

飼育初心者
飼育初心者

そうか。
夕方以降の夜に探すのがいいんですね。

ヒキガエルは雨の日に探す

もう一つは雨の日です。

くま村長
くま村長

コチラが重要ポイントです。

祇園
祇園

雨の日は私たちの行動範囲が広がるの。

飼育初心者
飼育初心者

発見しやすくなるんですね。

ねぶた
ねぶた

雨の日は、昼間でも活動してたりするぜ…

雨の夜の生物探しは、危険が伴います。
万全準備で臨んで下さい。

まとめと関連

☆この記事で話したこと☆

✔︎ヒキガエルがよくいるポイント
 →『住宅周辺』『田んぼの周り』『産卵スポット』

✔︎ヒキガエルを採集に行くタイミング

 →『夕方〜夜』『雨の日→重要』
✔︎温度管理ができている状態なら、土を敷く必要もない

▼くま村長のYouTubeコンテンツはコチラ

くま村長の開拓日記YouTube
プロフィール
この記事を書いた人
くま村長

こんにちは、くま村長です。
爬虫類・両生類の採集、飼育をしています。
当ブログは主に日本国内の自然採集の爬虫類・両生類の飼育や採集における記事を発信しています。

実際に飼育している独自の観点で解説しています。

くま村長をフォローする
ヒキガエル
くま村長をフォローする
くま村長の開拓日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました